プログラミングを学ぶなら「TECH CAMP」しかない!

今やIT業界の未来がヤバい! 深刻な人材不足。

 

 

その人材不足が大きな問題となっていることをご存知でしょうか?

 

 

 

IT業界の現状AIやIOTの市場は拡大を続けていて、それによって必要な人材がかなり増えてきている。

 

 

経済産業省の調査によれば現在、IT人材は約100万人いますが約27万人が不足しているという調査結果に。今から将来あらゆるものがITで埋め尽くされていくでしょう、今後は2020年を境に、ITの人材は減少していくとも言われています。

 

 

 

2030年には60万人以上が不足されると言われている。理由としてIT業界は今後も拡大はしていくと期待されていて、それに伴い必要とされるエンジニアが不足していることがあげられます。

 

 

あなたもプログラミングとか自分にできるんだろうか?とか難しいんだろうなとか思っているんじゃないですか?

 

 

 

やはり,プログラミングが難しいというイメージが付いてしまっているものも原因の一つだと言えます。

 

 

 

これにより、2020年から小学校でプログラミング教育の必修化を文部科学省が発表しました。

 

 

すごくいいことだと思っています、将来のIT人材に成長してくれることが目的とされています。

 

 

 

最近では子供向けのプログラミング教材が多く提供されています、求人を見ても外国籍のエンジニアがの採用だったり、採用年齢の引き下げ、未経験の採用枠の拡大など企業は採用枠を広げています。

 

 

 

このように人材が不足していますが、希少価値が高い人材になれば待遇は良くなります。この人材不足が逆にチャンスです。

 

 

あの(堀江貴文氏)ホリエモンが絶賛したエンジニア養成スクールとは?

 

 

冒頭でも言いましたが、今や深刻な人材不足だと騒がれているIT業界。

 

 

 

今後もエンジニアの希少価値がもとめられている今だからこそ、本当にチャンスです!

 

 

 

やはりプログラミングを学ぶとなれば本腰を入れて、本当にいいスクールで学びたいですよね?

 

 

あのホリエモンが絶賛したエンジニア養成スクールとは?

 

 

 

では、ホリエモンが絶賛したというエンジニア養成スクールをここで紹介します「TECH CAMP」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「TECH CAMP」とは、「誰もがエンジニアになれる場所」このような時代に未経験からプロのエンジニアを目指せるエンジニア養成スクール。

 

 

 

プロのプログラミングスキルが身につく学習プログラムとキャリア支援により未経験からのエンジニア転職を実現します。

 

 

 

・企業で求められる即戦力技術が身につく

 

 

・教室学習とパーソナルサポートでやり切れる環境を提供

 

 

・転職成功まで長期のキャリア支援

 

 

 

このように、プログラミングスキルを単に身につけられるだけでなく、「エンジニアへのキャリアチェンジ」を目的として就職支援までコミットしています。

 

 

 

またこのスクールの実績を紹介すれば、未経験から97%の受講生が転職に成功。 2016年6月開始より転職成功者数は180名以上。

 

 

*転職先企業例  株式会社ニューズピックス  チームラボ株式会社  GMOクラウド株式会社  株式会社リブセンス  日本交通株式会社  株式会社ランサーズなど

 

 

 

「TECH CAMP」では、教育力に重点を置いていてサポートがかなり手厚いです。圧倒的コミット量と網羅性を重視し、500時間をかけてフロント/サーバーサイド/インフラ全てを一通り学びます。

 

 

 

ここでは学習環境も整っていて、サポート体制も万全です。

 

 

期間中は教室とオンラインの両方で週7日、1日11時間以上、質問し放題の環境で学習をすることができて専属のトレーナーがいてとても心強いサポート体制です。

 

 

トレーナーは毎週の学習計画の作成、日々の進捗確認をし、キャリアアドバイザーへのフィードバックなど期間中は二人三脚となってサポートします。

 

 

 

専属のキャリアアドバイザーまでいてくれて、いたれりつくせりのサポート!

 

 

専属のキャリアアドバイザーは、毎週のキャリア面談、面接対策や履歴書の添削、企業提案など転職が決定するまでサポートし続けます。また、企業に入社した後も3年間であれば無料でキャリア相談を受け付けています。

 

 

 

このように手厚いサポート体制の中で学習し、就職した後のサポートまで。安心してプロのエンジニアを目指せますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未経験から最短でエンジニア転職を目指す

 

 

 

 

 

ホリエモンは言います。「プログラミングは難しい」というイメージをもっている人は多いと思います。

 

 

やはり誰しもが思うことが未経験からプロのエンジニアになるのってどうなの?

 

 

 

難しいんじゃないだろうか?とか疑問に思いますよね。

 

 

 

では、プログラマー、システムエンジニアとは、どのような仕事なのか説明していきますね。

 

 

 

プログラマー(PG)とは?どんな仕事?

 

 

 

 

 

プログラマーって何をする人?一体どんな仕事をするの? とか、システムエンジニアと何が違うの? とか疑問をお持ちでないですか?

 

 

例えば暗号化されたプログラムを作って、コンピューターを操る映画に出てくるハッカーのようなイメージもお持ちでないですか?

 

 

ホント、仕事内容や働き方がわからないという人が多いはずです。ここでは、プログラマーとは何か? 仕事内容について説明していきます。

 

 

 

プログラマー(PG)とは?

 

 

プログラミング言語を用いてプログラムを組んでシステム開発やソフトウェア開発、アプリケーション開発などを作る仕事をする人のことです。

 

 

プログラミングとは、プログラムを作ることをプログラミングといいます。

 

 

プログラマーが作成するシステムやソフトウェアは、物流や金融システムなど企業が使用するものからウェブサイトやアプリといった個人が使用するものがあります。

 

今の現代社会においてあなたも使っているスマホやテレビなど、数多くのプログラムが活用されています。

 

 

 

今は、昔に比べてプログラマーが活躍する場はかなり多くなっています。それだけ求められています。

 

 

 

また、プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違いについてお話します。

 

 

プログラマーとシステムエンジニアはよく同じに思われがちですが、全く別々の仕事内容になっています。

 

 

 

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違い

 

 

一番の違いで言うとプロジェクトにおける役割です。要件にあわせて設計書を作るのがシステムエンジニア(SE)の仕事になります。で、設計書をもとにプログラムを組むのがプログラマー(PG)の仕事になります。

 

 

 

プログラマー(PG)の仕事内容

 

 

・製造(設計書をもとにプログラムを組む)

 

 

・動作確認(ちゃんと動作をするのか?確認する)

 

 

・保守、運用(リリースした後に、不具合を修正する)

 

そしてこの保守、運用の中に(単体テスト)

 

              (結合テスト)

 

              (システムテスト)がありますが、このテストはテスト専門の方が行う場合もあります。

 

 

 

システムエンジニア(SE)とは

 

 

システムエンジニア(SE)の仕事はクライアントからのヒアリングやシステム設計、開発、テストを行う仕事です。

 

 

(SE)は、クライアントと打ち合わせ(要求分析、要件定義)をしてシステムのドキュメント作成、基本設計(どのようなシステムにするか)詳細設計などを行います。

 

 

システムエンジニア(SE)の仕事内容

 

 

 

 

・要求分析(クライアントにどんなシステムが必要なのかヒヤリングをする)

 

 

・要件定義(必要とされる機能を明確にする)

 

 

・基本設計(システムをどのように構成するかを決める)

 

 

・詳細設計(プログラミングをするための設計を行う)

 

 

・納品  (システムを納品する)

 

 

・保守、運用(リリースした後に、不具合を修正する)

 

 

このように、プログラマー(PG)は、システムエンジニア(SE)が作った設計図をもとにプログラムを組むのが仕事です。

 

 

 

プログラマーがプロジェクトチームのスケジュールや工程を管理して、システムエンジニアと打ち合わせをしながら仕事を進めていきます。

 

 

 

プログラマーがシステムエンジニアの部下とかではなく、プログラマーはプログラム開発を行うという立ち位置で仕事をしています。

 

 

 

エンジニアの働き方

 

 

 

ここでお話するエンジニア働き方、IT業界では様々な働き方ができます。

 

 

 

@特定の企業に在籍し、自社内で働く

 

A客先企業で常駐して働く

 

B場所を問わずに働く

 

 

 

このように様々な働き方があって、@特定の企業に在籍し、自社内で働くは、生活を守るために安定したい場合は正社員として企業に在籍して働くのがいいでしょう。

 

 

正社員でも会社形態は企業によって様々です。

 

 

 

会社形態とは?

 

 

会社形態は自社開発と受託開発の2つにわけられます。この会社形態によって労働形態が大きく変わるので就職する前に必ず自分の行きたい会社形態は調べておくことです。

 

 

 

自社開発は自分の会社で独自の製品だったり、アプリ、ゲーム、またはサービスなどを作っている企業をいいます。Yahooや楽天などがあげられます。

 

 

自社製品やサービスを作っているので納期だったり、完成品など自由に決めることが出来るので土日の出勤や残業が少ないです。

 

 

 

受託開発とは?

 

 

 

受託開発は、他社から依頼されたシステムを開発して依頼された会社にその製品を納品することで利益を上げている会社のこと。

 

 

 

自社開発と違って依頼された会社に作った製品を納品することでお金がもらえるので安定はしています。それに伴い、お客様の都合に合わせないといけないため残業だったり土日の出勤があります。

 

 

 

 

次にA客先企業で常駐して働く

 

 

 

SESとは(システムエンジニアリングサービス)の略になります。

 

企業が業務運営に必要なエンジニア(技術者)を客先に必要な期間、提供するサービスのことです。

 

 

 

 

B場所を問わずに働く

 

企業に在籍しないで働く働き方で、ITの仕事はパソコンがあってインターネットさえつながっていれば所構わず仕事はできるので、企業に在籍しなくても家でしたりと勤務場所を好きにかえられ自分にあったライフスタイルで働くことが可能です。

 

 

 

例をあげれば在宅ワーカー

 

 

依頼された仕事を自宅でする働き方ですね。会社に拘束されることがないため、自身の生活バランスを考えて働くことができます。ですが、人とのコミュニケーションや人脈づくりが仕事をもらうためには必要でどちらがいいとは言えませんがコミュニケーションなどバランスよくこなせればいいでしょう。

 

 

 

次にノマドワーカーです。

 

 

ノマド(遊牧民)のように自宅や会社ではなくカフェや喫茶店などを転々としながら仕事をしています。中には旅をしながら仕事をする人もいます。

 

 

私自身、すごく憧れます。しかしこちらも在宅ワーカー同様、技術力だったりコミュニケーション能力など様々なスキルが必要とされるます。

 

 

フリーエンジニアとは?

 

 

一体フリーエンジニアとはどのような働き方をするのか?

 

 

フリーエンジニアとは、企業に雇用された社員ではなく個人事業主となって、自分で仕事をとってきて働くエンジニアのことです。

 

 

 

今後は、会社に務めるというのが当たり前ではなくなっていく時代。在宅ワーカーのように会社に行かなくても仕事ができるようになっていきます。

 

 

フリーエンジニアのメリットと言えば、自分が働いた分だけ収入が増える、会社員であればどれだけ働こうが給料は変わらないですよね?しかし、フリーエンジニアであれば仕事の受注量も時間も全て、自分次第なので多くの仕事をこなすことで、それだけ収入が増えます。

 

 

 

やはり高収入を得るには、それ相応のスキルが必要になってきます。自分が頑張れば頑張った分、報酬を得ることが出来ます。

 

フリーエンジニアを簡単に言うとアナウンサーとフリーアナウンサーのようなイメージでいいでしょう。

 

フリーアナウンサー同様に、会社からの方針だったり、支持された苦手な仕事をこなすのではなく、フリーなので仕事が選べるのもメリットの一つです。

 

 

 

逆にデメリットを言えば、会社に務めてない分、安定した収入が保証されないという点です。

 

 

 

怪我をしたり、病気になった時など仕事が受注できなかったりすれば収入がありません。また、収入保証がないため、ローンが組めなかったりクレジットカードが作れないとかデメリットがあります。

 

 

それにフリーエンジニアは、エンジニアの業務はもちろん全ての業務を自分でやる必要があります。また、個人事業主に当たるので確定申告、経理業務も自分でしなければなりません。することは多く、税金や法律の勉強などもしなければならなですね。

 

 

フリーエンジニアとして収入が安定しているのであれば外注に頼むのがいいでしょう。

 

 

 

フリーエンジニアは全てをこなし大変ですが頑張った分の高収入を得ることができるので、やりがいがあっていいですね。

 

 

 

あなたも、自分にあったライフスタイルで働いてみてはいかがですか?

 

 

 

そもそもIT業界って?

 

 

IT業界について説明していきたいと思います。

 

 

働く会社や業界によっては同じプログラマーでも業務は様々です。

 

 

業界の種類でいくと、ハードウェア業務、Web業界、ソフトウェア業界、情報処理サービス業界の4つに分けられます。

 

 

ハードウェア業界

 

 

ハードウェア業界とは、今あなたが使われているスマホ自体や、PCの本体周辺機器を作る仕事です。

 

簡単に言うと本体の中身を作っていて、その製品にシステムを組み込む作業をしています。

 

 

 

Web業界

 

 

Web業界とは、主にインターネット上のWebサイトのデザインを作ったり、SNSやサイトのシステムを作っています。

 

Web業界の強みとも言えるのが、企業のホームページを作成できることです。

 

 

 

ソフトウェア業界

 

 

 

ソフトウェア業界とは、今使われているスマホやPCの中のアプリなどのプログラミング言語を使って様々な処理を行い動作するようにしています。

 

少し難しいですが、プログラミング言語はアプリや機種にあった言語を選ぶ必要があります。

 

 

 

情報処理サービス業界

 

 

 

情報処理サービス業界とはIS業務を専業としている企業のことを言います。

 

ハードウェア業界、Web業界、ソフトウェア業界もSI業務をやっている企業も多いです。

 

 

 

 

SI業務とは,システム構築の立案、要件定義、設計、構築、保守、運用までを請け負う業務のこと

 

 

 

このSI業務を行う会社を(システムインテグレーターsler)といいます。簡単に説明すると最近では廻る寿司屋さんのタブレット注文しますよね、あれです。例えば、お寿司屋さんがタブレットで注文出来るシステムを作って欲しいと依頼します、そのシステムを依頼どおりに作って、お寿司屋さんに納品するのがシステムインテグレーターです。

 

プロのエンジニアを目指すならここだ!

 

このように、IT業界と一言で言っても4つに分けられていてプログラマーの働く会社や業界によっては様々ですね。

 

 

やはり自分に一番あった業界で働くことが自分にとって必要なスキルを十分に発揮できるので「TECH CAMP」でしっかりとプロのプログラミングスキルを学んで身につけて、エンジニア転職を実現してみてはいかがですか?

 

 

 

今、転職や受講しようか迷っているあなた!未経験の職種に挑戦するというのは非常に勇気が必要です、しかしここで挑戦しなければ一生後悔しますよ!

 

 

人より勉強することで明るい将来が見えています。

 

 

ここでゼロから1つのサービスを作り上げることにより実際、開発現場などで高い評価を受けるでしょう。

 

 

 

「TECH CAMP」ここで学ぶことにより、自分の好きなサービスを運営している会社に進むことも全て可能だし、好きな仕事ができたり時間も有効に使え、家族と過ごす時間、あなたの努力次第で自分も成長できて会社も急成長したりと、非常にやりがいのある仕事や時間が出来ますよ。

 

 

ハッキリ言います!あなたが少し前の生活で満足していて、それでいいと思っているのであれば受講や転職はやめた方がいいです。

 

 

 

今より豊かに時間を有効に使えたり、自分の好きな仕事、家族や恋人との時間、挑戦、将来の安泰を考えるのであれば、この今がチャンスです!